勇気を出してまず一歩
ご予約は朝8時半から

8020では間に合わない!

ずっと昔から提唱されていた、80歳で20本歯を残す「8020運動」。
寿命100歳時代を迎えるにあたって到底役不足で、さらにハードルを上げないといけなくなりました。
 
もともと20本あれば噛む能力がそこまで落ちないというのが「20」の根拠だったので、「10020」が新たな基準かな?
 
では、歯を失ったらどうなるのか?
 

 基本的に、虫歯も歯周病も、「がんばって現状維持、放っておいたらひどくなる病気」です。



何本か歯を失った結果、つけ外しする入れ歯となります。

 

保険がきかない自費の入れ歯になると10万円単位の出費となります。 
 
こういうものを天に召すまで口の中に日中いれて食事など日常生活を過ごさないといけません。
80歳で入れ歯になったら20年間、
50歳なら50年間です。
 
こんなことを考えると、定期検診・予防歯科のほうが健康を維持でき、断然安いです。
 
虫歯も歯周病もパターンがある
無責任にただ「歯磨きを頑張ってください」みたいな話はしません。
虫歯も歯周病もできる理由があります。

「どうしてなっちゃったのか?」
 
それを知らない限り、同じ失敗は繰り返されます。
患者さん一人一人の注意しないといけない場所や使ってもらいたい道具、定期検診の間隔など、秘訣をしっかりとお話しします。
 
虫歯も歯周病もなってしまったものは仕方ありません。
同じことを繰り返さないように、問題をさらに大きくしないように、予防の知識をぜひ持ってください。
おとな向けハミガキコ

勇気を出してまず一歩
ご予約は朝8時半から

HOME | 8020では間に合わない